アジ科ギンガメアジ属 Caranx は側線直走部に 稜鱗をそなえること,背鰭と臀鰭は糸状に伸長せ ず,付随した小離鰭がないこと,脂瞼の前半部は 薄く,半月形に開口すること,肩帯下部に突起を 欠き,円滑であること,第 1 鰓弓上の鰓耙数が 20–31 であること,上顎の外側に牙状の円錐歯が 1 列に並び,内側に小円錐歯が帯状に密生し,下 顎に牙状の円錐歯が 1 列に並ぶこと,鋤骨と口蓋 骨に歯をもつなどの特徴をもち(Gushiken, 1983; Smith-Vaniz, 1999; Lin and Shao, 1999),日本から はイトウオニヒラアジ C. heberi (Bennett, 1830), ロウニンアジ C. ignobilis (Forsskål, 1775),カッポ レ C. lugubris Poey, 1860,カスミアジ C. melampygus Cuvier, 1833,オニヒラアジ C. papuensis Alleyne and Macleay, 1877, ギ ン ガ メ ア ジ C. sexfasciatus Quoy and Gaimard, 1825,およびミナミギンガメ アジ C. tille Cuvier, 1833 の 7 種が知られている(瀬 能,2013).鹿児島県においてはこれらのうち全 ての種の分布が確認されているが(Motomura et al., 2007, 2010;北,2007;財団法人鹿児島市水族 館 公 社,2008; 瀬 能,2013; 畑,2013; 武 内, 2014;畑ほか,2015;鏑木,2016),ミナミギン ガメアジの記録は笠沙と種子島からのものに限ら れていた(北,2007;瀬能,2013). 2016 年 10 月 18 日に内之浦湾において 3 個体 のミナミギンガメアジが採集された.これらの標 本は大隅半島沿岸における本種の標本に基づく初 めての記録となるため,ここに報告する.

内之浦湾から得られたミナミギンガメアジの記録(畑晴陵・本村浩之)