スズメダイ科 Pomacentridae は全世界の熱帯か ら温帯域に広く分布しており,約 400 種が確認さ れている(加藤,2011).スズメダイ属 Chromis は, 世 界 で 89 有 効 種 が 知 ら れ(Iwatsubo and Motomura, 2013; Randall, and DiBattista, 2013),日 本国内からは 32 種が報告されている(西山ほか, 2012; 青 沼 ほ か,2013;Iwatsubo and Motomura, 2013).スズメダイ属は主上顎骨後端が眼窩前縁 をわずかに越える,眼窩骨と主鰓蓋骨の縁辺が円 滑,両顎の外側に円錐歯が 1 列並び,前方のもの ほど大きい,吻上部の鱗は前鼻孔前方まで達する が,吻端と前鼻孔周辺にはない,背鰭鰭条数が XI–XV,9–15,臀鰭鰭条数が II,9–14,尾鰭棘を 備 え る な ど の 形 質 に よ っ て 特 徴 づ け ら れ る (Randall et al., 1981; Allen, 1991). ヒマワリスズメダイ Chromis analis (Cuvier in Cuvier and Valenciennes, 1830) は,国内において八 丈島,豆南諸島,静岡県富戸,和歌山県田辺,高 知県須崎・柏島・土佐湾,鹿児島県屋久島・硫黄 島, 沖 縄 島 か ら の 記 録 が あ る( 岩 坪・ 本 村, 2010;Motomura et al., 2010;加藤,2011;Kuriiwa et al., 2014;池田・中坊,2015). 2015 年 11 月に鹿児島県喜界島沖でヒマワリス ズメダイ 1 個体が採集された.本標本は奄美群島 における本種の標本に基づく初めての記録となる とともに,本種の分布空白を埋める記録となるた め,ここに報告する.

奄美群島喜界島から得られたヒマワリスズメダイ Chromis analis(小枝圭太・岩坪洸樹・本村浩之)