ニベ科クログチ属は,世界で 10 種が有効とさ れており(Sasaki and Kailola, 1988; Sasaki, 1995), 日 本 で は ク ロ グ チ Atrobucca nibe (Jordan and Thompson, 1911) のみが知られる(山田・柳下, 2013).クログチは,インド・西太平洋の熱帯か ら温帯に広く分布し(Sasaki, 2001;山田・柳下, 2013;Larson et al., 2013;Hussain and Jawad, 2014),日本では東シナ海大陸棚域,五島列島近 海域,豊後水道,瀬戸内海,紀伊水道,および土 佐湾から相模湾の太平洋沿岸から記録されていた (山田ほか,2007;山田・柳下,2013;池田・中坊, 2015). 2015 年 12 月 9 日に鹿児島県大隅半島東岸の内 之浦湾からクログチと同定される 1 個体が採集さ れた.本標本はクログチの鹿児島県からの初記録 となるため,ここに報告する.

鹿児島県初記録のニベ科魚類クログチ(上城拓也・小枝圭太・本村浩之)