ハタ科魚類 Serranidae は日本から 33 属 136 種 が 報 告 さ れ て い る( 岡 本 ほ か,2012; 瀬 能, 2013, 2014; Endo and Kenmotsu, 2013; Koeda et al., 2015;藤原ほか,2015).そのうちサラサハタ Chromileptes altivelis Valenciennes, 1828 は,これま で国内において沖縄諸島,山口県日本海沿岸,高 知県,和歌山県,駿河湾,相模湾,および小笠原 諸島から記録されていた(瀬能,2013).アカマ ダラハタ Epinephelus fuscoguttatus (Forsskål, 1775) は,これまで国内において八重山諸島と沖縄諸島 からのみ記録されていた(瀬能,2013).また, オオスジハタ Epinephelus latifasciatus (Temminck and Schlegel, 1842) は,これまで国内において九 州北西岸,相模湾から宮崎県にかけての太平洋岸, および小笠原諸島から報告されていた(瀬能, 2013).なお,鹿児島県内においては,サラサハ タが奄美大島から記録されているが,釣獲された 個体の写真に基づくものであった(藤山,2004). また,オオスジハタがいちき串木野市沖,南大隅 町沖から記録されているが,いずれも水中映像に 基づくものであった(久保,2004;榊,2010). 鹿児島県における魚類相調査の過程で,5 個体 のオオスジハタが大隅半島東岸から得られた.ま た,2012 年 1 月 4 日に大隅諸島種子島から 1 個 体のサラサハタが,2015 年 8 月 7 日に同島から 1 個体のアカマダラハタが採集された.これらの標 本は鹿児島県における 3 種の標本に基づく初めて の記録となるとともに,アカマダラハタの北限記 録となるため,ここに報告する.

鹿児島県から得られたハタ科魚類 3 種: サラサハタ,アカマダラハタ,およびオオスジハタ(畑晴陵・小枝圭太・鏑木紘一・高山真由美・本村浩之)