タチウオ科ユメタチモドキ属 Evoxymetopon は 両眼間隔域が隆起縁を形成し,眼は頭部側面に位 置すること,背鰭に欠刻がないこと,円盤状の腹 鰭と臀鰭第 1 棘条および二叉型の尾鰭を有するな どの特徴をもち(Nakamura and Parin,1993; Fricke et al. 2014), ヒ レ ナ ガ オ オ ユ メ タ チ E. macrophthalmum Chakraborty, Yoshino and Iwatsuki, 2006, E. moricheni Fricke et al., 2014,ヒレナガユ メタチ E. poeyi Günther, 1887,ユメタチモドキ E. taeniatum Gill, 1863 の 4 種が有効種とされている (Chakraborty et al., 2006; Fricke et al., 2014). ユメタチモドキはこれまで国内において,新 潟県,千葉県,静岡県,和歌山県,および東シナ 海から記録されていた(中坊・土居内,2013;池 田・中坊,2015).2014 年 4 月 20 日に鹿児島県 指宿市沖の鹿児島湾湾口部から 2 個体のユメタチ モドキが定置網により採集された.これらは鹿児 島県における本種の標本に基づく初めての記録と なるため,ここに報告する.

鹿児島湾から得られたタチウオ科魚類 ユメタチモドキ Evoxymetopon taeniatum(畑晴陵・原口百合子・本村浩之)