039-008のサムネイルヒメジ科ヒメジ属魚類(Mullidae: Upeneus)は 世 界 で 28 種(Yamashita et al., 2011; Motomura et al., 2012),日本からは 24 種が知られている(波 戸 岡,2000;Yamashita et al., 2011;Motomura et al., 2012;波戸岡・土居内,2013). 屋久島におけるヒメジ科魚類は,新井・井田 (1975)によって楠川から採集された 2 標本に基 づき報告されたコバンヒメジ Parupeneus indicus (Shaw, 1803) が最初である.Motomura et al. (2010) と Motomura and Aizawa (2011)は,水中写真と標 本に基づき,上記のコバンヒメジを含め,モンツ キアカヒメジ Mulloidichthys flavolineatu (Lacepède, 1801), ア カ ヒ メ ジ M. vanicolensis (Valenciennes, 1831), イ ン ド ヒ メ ジ Parupeneus barberinoides (Bleeker, 1852), オ オ ス ジ ヒ メ ジ P. barberinus (Lacepède, 1801), ホ ウ ラ イ ヒ メ ジ P. ciliatus (Lacepède, 1802),マルクチヒメジ P. cyclostomus (Lacepède, 1801),オジサン P. multifasciatus (Quoy and Gaimard, 1825),リュウキュウヒメジ P. pleu- rostigma (Bennett, 1831),オキナヒメジ P. spilurus (Bleeker, 1854), フ タ ス ジ ヒ メ ジ P. trifasciatus (Lacepède, 1801) お よ び ヨ メ ヒ メ ジ Upeneus tragula Richardson, 1846 の 3 属 12 種を報告した. これまでに屋久島から記録されているヒメジ属 魚類はヨメヒメジのみである. 2012 年 7 月 15 日に屋久島の春田浜海水浴場に て,ミナミヒメジ Upeneus vittatus (Forsskål, 1775) と同定される 1 個体が採集された.これは屋久島 におけるミナミヒメジの標本に基づく初めての記 録となるため,本標本をここに記載し,報告する.

ヒメジ科ミナミヒメジ Upeneus vittatus (Forsskål, 1775) の 屋久島からの初記録(下光利明・西山肇)