2009 年 7 月 22 日,屋久島から奄美大島北部に かけるトカラ列島を中心とした地域で皆既日食が 見られる.日本の陸地で見られる皆既日食として は,1963 年 7 月 21 日に北海道東部で見られて以 来,46 年ぶりのことである. 日食は,地球をまわる月により太陽が隠され る現象である.太陽の一部が隠されるときは「部 分日食」,全部が隠されるときが「皆既日食」と 呼ばれる.また,地球と月の距離や,太陽と地球 の距離がわずかに変化するため,月の見かけの大 きさが太陽よりも小さくなることがある.このと き,太陽と月の中心が重なっても,月は太陽面全 体を覆い隠すことができず,月のまわりにリング 状に太陽がはみ出して見える.これを「金環日食」 と呼んでいる.皆既日食と金環日食は,地球に投 影された月の本影が通過する細長い帯状の地域で 見られる.日食が起こるしくみは,図 1 に示すと おりである.

2009 年7 月22 日の皆既日食(西井上剛資)