タグアーカイブ: 鹿児島湾

魚類

046-104

鹿児島県薩摩半島の鹿児島湾に注ぐ小河川から得られた 準絶滅危惧種ルリヨシノボリ(赤池貴大・古𣘺龍星・是枝伶旺・本村浩之)

ヨシノボリ属 Rhinogobius Gill, 1859 は河川や湖 沼に生息するハゼ科魚類であり,ロシアからタイ とフィリピンにかけての東アジアと東南アジアに 分布する(Chen and Mill…
Continue Reading
環形動物

046-086

鹿児島湾で発見された小型ツバサゴカイ科環形動物の記録(三浦知之)

鹿児島湾は,陸域に囲まれた峡湾で,水深は 一部が 200 m を超え,また,湾奥部にはタギリと して知られる火山活動に関連する独特の生物相に も特徴付けられている.湾奥内陸の霧島山系から, 湾外に広が…
Continue Reading
軟体動物

046-078

鹿児島湾におけるウミニナ Batillaria multiformis (Liscke, 1869) の殻形態の比較(村永蓮・冨山清升)

ウミニナ Batillaria multiformis (Lischke, 1869) は 内湾環境や河口域干潟に生息する典型的な巻貝で あり,個体ごとの形態の差異が多いことが知られ ている.藤田(2…
Continue Reading
軟体動物

046-075

鹿児島県薩摩半島鹿児島湾側における陸産貝類の分布(植木拓郎・冨山清升)

鹿児島県は南北に広い南北に広い土地を有し ている.そのために多種多様な生態系がみられ, 多くの生物が生息している.その中で陸産貝類は 移動性が乏しいために,離島などでは独自の気候 に適応して進化した固…
Continue Reading
軟体動物

046-074

鹿児島湾喜入マングローブ干潟において 防災道路整備事業により破壊された愛宕川河口の巻貝類の生態回復(木村玄太朗・冨山清升)

干潟は河川が運んだ土砂が河口付近や湾奥な どの海底に堆積し,干潮の際に海面上へ姿を現し たものであり,水質浄化や生物多様性の保全など 重要な役割をもった環境である.日本の干潟は, 全国で過去 60 年…
Continue Reading