タグアーカイブ: 貝類

軟体動物

047-028

宮崎県のアマモ場で得られた日本未記録のイトカケガイ科貝類(三浦知之)

宮崎県を中心に海岸生物の調査しているが,門 川町庵川地区の入り江にみられるアマモ場は,貝 類などの希少種が数多く生息している(三浦ほか, 2012).ここでは同所で得られた日本未記録のイ トカケガイ類…
Continue Reading
軟体動物

047-026

‘ 生きている化石 ’ ガクバンゴウナ科貝類の南九州での記録(三浦知之)

Warén (2013) はガクバンゴウナ科貝類を約 億年前の古生代石炭紀に化石が見つかる巻き貝の グループとして ‘ 生きている化石 living fossils’ の 一つに、本科を含めた.従来,…
Continue Reading
軟体動物

045-059

住用マングローブ林におけるアマオブネガイ科貝類の分布(木下そら・遠藤雅大・野村淳一朗・ 山村英雄・川瀬誉博・山本智子)

アマオブネガイ科貝類は,軟体動物門腹足綱アマオブネガイ目に分類され,日本では8 属50種が報告されている.環境省のRDB 評価では,アマオブネガイ科貝類の18 種が絶滅危惧Ⅱ 類や準絶滅危惧に指定され…
Continue Reading
甲殻類

041-036

加計呂麻島の海岸湿地に生息する甲殻類と貝類の記録(三浦知之・三浦要)

奄美群島を含む南西諸島では,奄美・琉球地 域の世界自然遺産登録に向けた活動が国や県ばか りでなく,地域住民にまで広がりつつある(鹿児 島県,2014a).その中で,奄美群島では,道路網 の整備など奄美…
Continue Reading
軟体動物

041-037

鹿児島県北薩地方における陸産貝類の分布(今村隼人・坂井礼子・竹平志穂・中山弘章・鮒田理人・冨山清升)

陸産貝類は,移動性が低く,進化が限られた ごく狭い範囲で起こるため,地域的な種分化が多 い.このような特性から,各地域における陸産貝 類相の特徴をつかむのに非常に適している.鹿児 島県北薩地方を中心に…
Continue Reading
甲殻類

038-008

奄美大島住用川河口域に生息する甲殻類と貝類の記録(三浦知之)

鹿児島県の奄美大島は,陸域・海洋を問わず, 南西諸島の中でも有数の生物多様性を誇る自然環 境を備えている.とりわけ,奄美大島固有のオオ トラツグミ,ルリカケスなどの鳥類やアマミノク ロウサギ,アマミト…
Continue Reading