タグアーカイブ: 薩摩半島

魚類

鹿児島県薩摩半島西岸から得られた 九州初記録のハゼ亜目魚類 8 種(藤原恭司・鈴木寿之・本村浩之)

ハゼ亜目魚類はツバサハゼ科,ドンコ科,カ ワアナゴ科,ヤナギハゼ科,ハゼ科,スナハゼ科, オオメワラスボ科,クロユリハゼ科,およびシラ スウオ科の 9 科を含み(明仁ほか,2013),主に 小型魚類で…
Continue Reading
魚類

薩摩半島西岸から得られた鹿児島県初記録のホシヨウジと 九州沿岸初記録のホソウミヤッコ(ヨウジウオ科: ウミヤッコ属)(荒木萌里・伊東正英・本村浩之)

ヨウジウオ科ウミヤッコ属Halicampus は,躯幹輪数が13–18,総体輪数が39–56,背鰭軟条数が16–26,胸鰭軟条数が10–20,躯幹部と尾部の上隆起線が不連続,および躯幹部中央隆起線と尾…
Continue Reading
扁形動物

薩摩半島南西岸から得られたオオクチイケカツオの 日本における 3 個体目の記録および ブリハダムシの新たな宿主事例(和田英敏・伊東正英・本村浩之)

During ichthyofaunal surveys of from Kagoshima Prefecture, Japan, a single adult specimen ( mm stand…
Continue Reading
魚類

薩摩半島南端から得られた標本に基づく九州初記録のキテンハタ(上城拓也・平田堅固・本村浩之)

キテンハタ Epinephelus bleekeri (Vaillant, 1878)は,インド・西太平洋に広く分布するハタ科魚類である(Randall and Heemstra, 1991).日本国…
Continue Reading
甲殻類

鹿児島県薩摩半島におけるオニヌマエビおよび Australatya obscura (十脚目 : ヌマエビ科) の出現と分布(讃岐斉・讃岐綾南・讃岐真理子・大富潤)

鹿児島県薩摩半島をほぼ網羅するかたちで 13河川を選定し,オニヌマエビ属と Australatya 属の出現と分布を 2016 年に調べた.その結果,半島南西部の久志川でのみオニヌマエビ Atyops…
Continue Reading
魚類

薩摩半島西岸から得られたヒメジ科魚類 2 種 : 九州初記録のフタスジヒメジと鹿児島県初記録のコハクヒメジ(萬代あゆみ・伊東正英・本村浩之)

ヒメジ科魚類は日本から 3 属 27 種が報告されて い る(Yamashita et al., 2011 ; Motomura et al., 2012 ; 波 戸 岡・ 土 居 内,2013; 池…
Continue Reading