タグアーカイブ: 破壊

軟体動物

046-074

鹿児島湾喜入マングローブ干潟において 防災道路整備事業により破壊された愛宕川河口の巻貝類の生態回復(木村玄太朗・冨山清升)

干潟は河川が運んだ土砂が河口付近や湾奥な どの海底に堆積し,干潮の際に海面上へ姿を現し たものであり,水質浄化や生物多様性の保全など 重要な役割をもった環境である.日本の干潟は, 全国で過去 60 年…
Continue Reading
軟体動物

045-052

鹿児島湾喜入マングロ-ブ干潟において 防災設備事業により破壊された巻貝類の生態回復(上村まこ・村永蓮・冨山清升・高田滉平)

鹿児島湾喜入町愛宕川支流の河口に位置する喜入干潟は,太平洋域における野生のマングロ-ブ林の北限地とされ,腹足類や二枚貝をはじめ多くの底生生物が生息している.しかし,2010 年から道路設備事業の工事が…
Continue Reading
軟体動物

043-063

鹿児島湾喜入において防災整備事業によって破壊された 愛宕川河口干潟の巻貝相の生態回復(井上真理奈・冨山清升)

干潟は河川が運んだ土砂が河口付近や湾奥な どの海底に堆積し,干潮の際に海面上へ姿を現し たものであり,水質浄化や生物多様性の保全など 重要な役割を持った環境である.日本の干潟は, 全国で過去 60 年…
Continue Reading