タグアーカイブ: 生息地

軟体動物

043-065

鹿児島湾におけるヒメウズラタマキビ Littoraria (Littorinsis) intermedia (Philippi, 1846) の生息地による生活史の比較(河野尚美・冨山清升・今村留美子・国村真希)

ヒメウズラタマキビガイ Littoraria (Littorinposis) intermedia (Philippi, 1846) は タ マ キ ビ ガ イ 科 Littorinidae に属する…
Continue Reading
両生類

042-003

高速道路建設とカスミサンショウウオ生息地の環境保全措置 -生息地分断と島状化現象への課題-(宅間友則・徳永修治・鮫島正道)

カ ス ミ サ ン シ ョ ウ ウ オ(Hynobius nebulosus) はサンショウウオ目サンショウウオ科に属し,愛 知県以西に分布する代表的な止水性のサンショウ ウオ類である(図 1).鹿児…
Continue Reading
甲殻類

039-036

再録「わが国最大の生息地か?万之瀬川河口のハクセンシオマネキ」(柳田一郎)

私は文学という方法を使って,郷土の自然情 報を全国に発信しようと考えています.このこと については,「Nature of Kagoshima, 36: 33–36」に おいて報告させていただきました.…
Continue Reading
両生類

039-002

高速道路建設にともなうカスミサンショウウオ生息地の環境保全措置 ― 移動経路の確保 ―(鮫島正道・中村麻理子・宅間友則)

道路が我々の生活にとって,なくてはならない ものであることは言うまでもない.にもかかわら ず,道路を建設する際に,森林地域や農村にある 自然を消失させ,そこに生育・生息する多様な生 物の種と,それらが…
Continue Reading
哺乳類

037-008

植生からみた川内川のカヤネズミ生息地(今吉努・鮫島正道)

カヤネズミ(Micromys minutus)はネズミ目ネ ズミ科に属する日本で最小のネズミ(写真 1)で, 主に,畑や水田などの耕作地,休耕地,沼沢地, 河川敷などのイネ科植物が繁茂するカヤ場に生息…
Continue Reading