タグアーカイブ: 生息

両生類

043-003

2015 年の悪石島における外来生物ヤエヤマイシガメの生息個体数, 性比および体サイズ(嶋津信彦・山川(矢敷)彩子)

During 9–12 September 2015, three traps were set six times to collect Yaeyama yellow pond turtle Mau…
Continue Reading
刺胞動物

042-070

大島海峡に生息するミナミウミサボテン属の 1 種 Cavernulina sp. (八放サンゴ亜綱ウミエラ目ウミサボテン科)から発見された動物(上野浩子・自見直人・上野大輔)

Three species of marine Protostomia were found from the veretillid sea pen Cavernulina sp. (Anthozoa…
Continue Reading
甲殻類

041-036

加計呂麻島の海岸湿地に生息する甲殻類と貝類の記録(三浦知之・三浦要)

奄美群島を含む南西諸島では,奄美・琉球地 域の世界自然遺産登録に向けた活動が国や県ばか りでなく,地域住民にまで広がりつつある(鹿児 島県,2014a).その中で,奄美群島では,道路網 の整備など奄美…
Continue Reading
クモ類

040-034

鹿児島に生息する毒蜘蛛コマチグモ類の観察 — 身近な生きものに強い幼児教育者養成 — (鮫島正道・西涼香・前田亜梨沙・萩原朋美・井出元志織・中村麻理子)

幼児教育の専門分野に領域「環境」がある.幼 稚園教育要領ならびに保育所保育指針によれば, 子どもたちが自然に触れることの重要性につい て,三つの視点が述べられている.それらは,「① 自然環境で元気に遊…
Continue Reading
甲殻類

038-008

奄美大島住用川河口域に生息する甲殻類と貝類の記録(三浦知之)

鹿児島県の奄美大島は,陸域・海洋を問わず, 南西諸島の中でも有数の生物多様性を誇る自然環 境を備えている.とりわけ,奄美大島固有のオオ トラツグミ,ルリカケスなどの鳥類やアマミノク ロウサギ,アマミト…
Continue Reading
棘皮動物

038-005

鹿児島県に生息するウミシダ類と共生生物群集の記録(三浦知之)

棘皮動物のウミシダ類は,Kogo (1998, 2002) 等 の分類研究によって,日本近海から約 150 種が確 認され,色彩の変化に富み,海中でも目立つため, 水中写真の被写体としてダイバーにも人…
Continue Reading