タグアーカイブ: 準絶滅危惧種

魚類

鹿児島県から採集された準絶滅危惧種ハナザメのアルビノ(藤原恭司・伊東正英・Kunto Wibowo・本村浩之)

アルビノはチロシナーゼの欠損を起こす変異遺伝子により,チロシンからのメラニン形成が行われない先天的な遺伝子疾患(アルビニズム)がある個体のことである(巌佐ほか, 2013 ).アルビノは多くの生物で確…
Continue Reading
魚類

トカラ列島から得られた鹿児島県初記録および北限記録の 準絶滅危惧種アマクチビ (スズキ目 : フエフキダイ科)(畑晴陵・大富潤・本村浩之)

フエフキダイ科フエフキダイ属 Lethrinus は頬部が無鱗であること,胸鰭軟条数が 13 であること,背鰭軟条数が 8 であること,および臀鰭軟条数が 9 であることなどにより特徴づけられる( C…
Continue Reading