タグアーカイブ: 沖永良部島

魚類

046-040

沖永良部島から得られたアマミコイソハゼの記録(望月健太郎・松沼瑞樹)

イソハゼ属 Eviota Jenkins, 1903 はインド・太平 洋の温帯域から熱帯域に分布し,岩礁やサンゴ礁 を主な生息域とする小型のハゼ科魚類である(鈴 木ほか,2004).これまでに本属魚類…
Continue Reading
魚類

046-012

九州沿岸, 種子島, および沖永良部島から 初めて記録されたチブルネッタイフサカサゴ(古𣘺龍星・本村浩之)

フ サ カ サ ゴ 科 ネ ッ タ イ フ サ カ サ ゴ 属 Para- scorpaena Bleeker, 1876 はインド・太平洋に広く 分布する底生性魚類であり,涙骨後方棘が前下方 を向く…
Continue Reading
魚類

045-031

沖永良部島から得られたハタ科魚類ヤマトトゲメギスの黄緑色幼魚(吉田朋弘・本村浩之)

ハタ科 Serranidae ヤマトトゲメギス属 Aporopsは ヤ マ ト ト ゲ メ ギ ス Aporops bilinearis Schultz, 1943 の み が 有 効 と さ れ て…
Continue Reading
魚類

045-019

鹿児島県沖永良部島から得られた北限記録のヒラウミタケハゼ および本種の生態学的新知見(和田英敏・萩原清司・本村浩之)

ハゼ科ウミショウブハゼ属は,世界で 17 種が有 効 と さ れ て お り(Larson, 1990; Greenfield and Randall, 2004; Fricke et al., 20…
Continue Reading
魚類

044-036

奄美群島沖永良部島から得られたモンガラカワハギ科ソロイモンガラ(川間公達・本村浩之)

モンガラカワハギ科ソロイモンガラ属 Melich-thys は,口が端位であること,歯が白いこと,両顎の先端の歯が門歯状であること,鰓孔後部に骨質の肥大鱗があること,眼前に 1 縦溝があること,背鰭第…
Continue Reading