タグアーカイブ: 標本

魚類

平島から得られた標本に基づく トカラ列島初記録のヒゲニジギンポ(森下悟至・本村浩之)

ニジギンポ族(Nemophini)は底生生活をおこ なう種が多いイソギンポ科魚類の中で,鰾を有し 遊泳生活をおくることが知られており,世界の暖 海に5 属50 種以上が知られている( 村瀬, 2018…
Continue Reading
魚類

薩摩半島南端から得られた標本に基づく九州初記録のキテンハタ(上城拓也・平田堅固・本村浩之)

キテンハタ Epinephelus bleekeri (Vaillant, 1878)は,インド・西太平洋に広く分布するハタ科魚類である(Randall and Heemstra, 1991).日本国…
Continue Reading
魚類

屋久島におけるチャイロヤッコ (キンチャクダイ科) の標本に基づく初めての記録(藤原恭司・吉田朋弘・本村浩之)

キンチャクダイ科アブラヤッコ属 Centropygeは,日本国内から 12 種が記録されている(島田,2013).2019 年 2 月 3 日に屋久島一湊の水深約 19 m から 1 個体のアブラヤッ…
Continue Reading
魚類

有毒魚類ツムギハゼの九州沿岸における標本に基づく初めての記録(森下悟至・本村浩之)

ハゼ科ツムギハゼ属ツムギハゼ Yongeichthys nebulosus (Forsskål, 1775) はインド・西太平洋に広く分布し,汽水域や浅海域の砂礫および砂泥底に生息する.国内では琉球列…
Continue Reading