タグアーカイブ: 屋久島

魚類

046-044

屋久島初確認のアカオビハナダイ (ハタ科ハナダイ亜科) および明治時代から現在までに屋久島から確認された魚類の総種数(本村浩之・原崎森)

2019 年 11 月 5 日,第 2 著者によって,屋久島 の一湊沖(30°27ʹ34ʺN, 130°29ʹ24ʺE)水深 20 m の 海底付近でアカオビハナダイ Pseudanthias rub…
Continue Reading
魚類

046-043

水中写真に基づく屋久島初記録のキリアナゴ(渋谷駿太・高久至・日比野友亮・本村浩之)

アナゴ科クロアナゴ属魚類 Conger は両顎歯が 1–2 列で外側の列の歯が鋭く尖る,上唇の溝が深 い,および下顎が中庸で閉口時でも前上顎骨歯が 露 出 し な い こ と な ど に よ っ て …
Continue Reading
魚類

045-037

屋久島におけるチャイロヤッコ (キンチャクダイ科) の標本に基づく初めての記録(藤原恭司・吉田朋弘・本村浩之)

キンチャクダイ科アブラヤッコ属 Centropygeは,日本国内から 12 種が記録されている(島田,2013).2019 年 2 月 3 日に屋久島一湊の水深約 19 m から 1 個体のアブラヤッ…
Continue Reading
魚類

045-025

屋久島初記録のトビウオ科魚類アカトビ(萬代あゆみ・小西祐伸・田中啓介・本村浩之)

トビウオ科ハマトビウオ属 Cypselurus は,側線に胸部分枝がないこと,胸鰭先端が臀鰭後端に達するか越えること,腹鰭先端が臀鰭起部を越えること,臀鰭起部が背鰭第 3 軟条の下方またはそれより後方…
Continue Reading
魚類

045-016

屋久島におけるトラギス属魚類 2 種の記録(荒木萌里・高久至・本村浩之)

トラギス科トラギス属魚類 Parapercis は体が円筒形で,尾柄部が後方に向かうにつれて側扁する,両顎前部に後方に反った犬歯状歯が 1 列あり,その後に絨毛状歯が続く,主鰓蓋骨に 1 本の鋭い棘を…
Continue Reading
魚類

045-015

屋久島で撮影されたイヤゴハタとカケハシハタの交雑個体(中村潤平・高久至・畑晴陵・本村浩之)

ハタ科マハタ属魚類(Serranidae: Epinephelus)は日本国内から 44 種が知られていたが(瀬能,2013;藤原ほか,2015; Nakamura et al., 2018),最近,…
Continue Reading