タグアーカイブ: 季節変化

軟体動物

鹿児島県桜島袴腰大正溶岩の岩礁性転石海岸における シマベッコウバイのサイズ頻度分布の季節変化と 殻の内部生長線観察(黒木理沙・緒方李咲・奥奈緒美・冨山清升)

鹿児島県の桜島にある岩礁性転石海岸である袴腰海岸には,複数の肉食貝類が生息している.そのなかでもシマベッコウバイ Japeuthria cingu-lata は普通に見られる種であるが研究対象とされた…
Continue Reading
軟体動物

フトヘナタリ Cerithidea rhizophorarum の生態学的研究 — マングローブ林周辺におけるサイズ頻度分布の季節変化 —(井上康介・冨山清升・中島貴幸・片野田裕亮・安永洋子)

フトヘナタリ Cerithidea rhizophorarum (A. Adams, 1855) は,東北地方以南,西太平洋各地に分布するフトヘナタリ科に属する雌雄異体の巻貝であり,アシ原やマングロー…
Continue Reading
軟体動物

鹿児島県喜入町と市来町の干潟におけるウミニナ Batillaria multiformis のサイズ頻度分布の季節変化と生活史比較(安永洋子・冨山清升・井上康介・国村真希・田上英憲)

鹿児島県喜入町の愛宕川河口干潟には,ウミニ ナ Batillaria multiformis (Lischke), カ ワ ア イCerithideopsilla djadjariensis (K. …
Continue Reading
軟体動物

マングローブ干潟におけるヘナタリ Cerithdea cingulate (Gmelin, 1790) の サイズ頻度分布の季節変化と ω 指数に基づく他種との共存関係(平田今日子・冨山清升)

ヘ ナ タ リ Cerithdea cingulata () は,フトヘナタリ科に属する巻貝で,内湾の干潮帯に生息する.そのヘナタリにおける季節のサイズ分布を研究した.ヘナタリの殻高は 20–30 m…
Continue Reading