タグアーカイブ: 外来種

昆虫類

044-003

鹿児島県本土で初確認された侵略的外来種アシナガキアリ(原田豊・細石真吾・山根正気)

アシナガキアリ Anoplolepis glacilipes (F. Smith, 1857) は,明確な原産地は不明であるが,アフリカもしくは熱帯アジア起源とされ,現在は世界中の熱帯・亜熱帯と北米の…
Continue Reading
軟体動物

043-069

鹿児島大学理学部林園水槽内における 外来種淡水性巻き貝のサカマキガイ(Physa acuta)と インドヒラマキガイ(Indopranorbis exustus)の生活史(染川さおり・冨山清升)

鹿児島大学理学部前にある林園の池は,地下 水からのくみあげ水が溜まっているために,温度 がほぼ 1 年中一定であるが,冬季の水温は 10℃ 以下になる.池には,外来種である淡水性腹足類 貝類であるサカ…
Continue Reading