タグアーカイブ: 分析

軟体動物

桜島袴腰の転石海岸におけるイシダタミガイ (Monodonta labio confusa) の生態学的研究 —ω 指数を用いた共存する複数種の巻貝類の種間関係の分析 — (橋野智子・冨山清升)

鹿児島県の桜島には溶岩によって形成された転石海岸があり,その潮間帯には数 m の岩から数cm の小石まで様々な大きさの転石が存在する.そして,転石層の厚さも下層の砂が見える程度から数 10cm の深さ…
Continue Reading
爬虫類

宝島および奄美群島における アオカナヘビ Takydromus smaradinus の形態変異の分析(下之段佑一・山根正気・冨山清升)

琉球列島に生息するアオカナヘビ Takydromus smaradinus を宝島,喜界島,奄美大島,加計呂麻島,請島,与路島,徳之島,沖永良部島において捕獲し,液浸標本をつくり,体色および頭胴長に対…
Continue Reading
軟体動物

鹿児島県喜入町のマングローブ干潟におけるヘナタリ Cerithidea cingulata (Gmelin, 1791) の生活史と ω 指数に基づく種間関係の分析(片野田裕亮・中島貴幸・小麦崎彰・轟木直人・冨山清升)

ヘナタリ Cerithdea cingulata (Gmelin, 1790) は,潮間帯や内湾の干潟などの汽水域に生息する巻貝である.本研究では,ヘナタリのサイズ頻度分布の季節変化を調査し,生活史を…
Continue Reading
軟体動物

フトヘナタリ Cerithidea rhizophorarum の生態学的研究 : 異なる環境下における同種の個体群間比較と ω 指数に基づく種間関係の分析(中島貴幸・片野田裕亮・小麦崎彰・轟木直人・冨山清升)

フトヘナタリ Cerithidea rhizophorarum (A. Adams, 1855) は,東北地方以南,西太平洋各地に分布するフトヘナタリ科に属する雌雄異体の巻貝であり,アシ原やマングロー…
Continue Reading