タグアーカイブ: 九州初記録

魚類

046-069

九州初記録のムラサキヌタウナギおよび 鹿児島湾から得られたヌタウナギ属の未同定個体(中川龍一・伊東正英・本村浩之)

ヌタウナギ科ヌタウナギ属 Eptatretus は世界か ら 50 有効種が知られており(Fricke et al., 2020), 日本国内からはこのうち 5 種が知られている (McMillan …
Continue Reading
魚類

045-051

薩摩半島南端から得られた標本に基づく九州初記録のキテンハタ(上城拓也・平田堅固・本村浩之)

キテンハタ Epinephelus bleekeri (Vaillant, 1878)は,インド・西太平洋に広く分布するハタ科魚類である(Randall and Heemstra, 1991).日本国…
Continue Reading
魚類

045-044

薩摩半島西岸から得られたヒメジ科魚類 2 種 : 九州初記録のフタスジヒメジと鹿児島県初記録のコハクヒメジ(萬代あゆみ・伊東正英・本村浩之)

ヒメジ科魚類は日本から 3 属 27 種が報告されて い る(Yamashita et al., 2011 ; Motomura et al., 2012 ; 波 戸 岡・ 土 居 内,2013; 池…
Continue Reading
魚類

043-020

九州初記録ならびに分布北限記録更新のセスジタカサゴイシモチ(岩坪洸樹・橋口亘・本村浩之)

スズキ目タカサゴイシモチ科魚類(Perciformes: Ambassidae)は日本国内から 6 種が知られており, いずれも標準体長が最大でも 10 cm に満たない小 型種である(宮原,2009…
Continue Reading
魚類

043-009

鹿児島県本土から得られた九州初記録のエソ科魚類チョウチョウエソ(藤原恭司・本村浩之)

エ ソ 科 Synodontidae の チ ョ ウ チ ョ ウ エ ソ Synodus macrops は Tanaka (1917) によって,新種 記載され,その後,インド・西太平洋の広域から …
Continue Reading
12