タグアーカイブ: アリ相

昆虫類

046-006

五島列島の港のアリ相 ―外来アリのモニタリング―(原田豊・浅井嘉乃・荒場麻瑚・日笠山円来・齊藤七彩)

In total 17 ant species belonging to 11 genera in 3 subfamilies were collected at 4 ports on the Got…
Continue Reading
昆虫類

043-054

口永良部島の火砕流跡地でのアリ相調査(金井賢一・山根正気)

南九州ではカルデラを形成するような大噴火 がしばしば起こってきた.大噴火にともなう火砕 流の発生は,その規模にもよるが生物相に大きな ダメージを与えてきた.とくに加久藤火砕流(約 33 万年前),阿多…
Continue Reading
昆虫類

040-019

奄美大島名瀬の攪乱地のアリ相と活動レベルの季節変化(山根正気・榮和朗・藤本勝典)

鹿児島県生物系教員等ネットワークでは,だ れでも参加できる生物多様性モニタリングの簡便 法(shikagaku プロトコール)を開発してきた(鹿 児島県生物教員等ネットワーク , 2012, 2013…
Continue Reading
昆虫類

039-024

鹿児島県黒島・硫黄島・竹島のアリ相(福元しげ子・Weeyawat Jaitrong・山根正気)

鹿児島県の大隅諸島と宇治・草垣群島の間に 位置する黒島・硫黄島・竹島は,別名上三島,口 ノ三島とも呼ばれ,行政的には鹿児島郡三島村に 属する(Fig. 1).これら 3 島の昆虫相は 1980 年 代…
Continue Reading