アーカイブ: 環境

保護・保全

042-073

大地の公園「ジオパーク」の自然保護と教育普及(大木公彦)

学生に「ジオパークを知っていますか」と挙 手を求めると,ほとんど手が挙がらない.残念な がら市民にも十分に知られているとは言い難い. 2004 年からユネスコの支援事業として行われて きた世界ジオパー…
Continue Reading
環境教育

040-037

インタープリテーションとしての「文学の力」 ― 小説「屋久島物語」でお伝えしたいこと ―(柳田一郎(筆名:柳瀬良行))

1954 年 鹿児島県日置郡日吉町(当時)生まれ 1977 年 熊本大学法文学部法学科卒業,鹿児 島県庁入庁 ※平成 12 年 4 月 –15 年 3 月(財)屋久島環境 文化財団勤務 2014 年 …
Continue Reading
環境教育

040-036

「鹿児島県昆虫・貝・植物・岩石展」の過去・現状と課題(福田晴夫・中峯敦子)

これはおそらく全国的に見てもユニークな展 示会ではなかろうか.内容は小中学生,高校生た ちが作った標本コンクールである.最初に「昆虫・ 貝展」として戦前に始まり,大戦中と戦後 10 年 の中断はあった…
Continue Reading
クモ類

040-034

鹿児島に生息する毒蜘蛛コマチグモ類の観察 — 身近な生きものに強い幼児教育者養成 — (鮫島正道・西涼香・前田亜梨沙・萩原朋美・井出元志織・中村麻理子)

幼児教育の専門分野に領域「環境」がある.幼 稚園教育要領ならびに保育所保育指針によれば, 子どもたちが自然に触れることの重要性につい て,三つの視点が述べられている.それらは,「① 自然環境で元気に遊…
Continue Reading
環境政策

040-022

川内川曾木分水路の自然再生の現状 ― 河道掘削竣工後のエコシステムの回復 ― (鮫島正道・宅間友則・今吉努・徳永修二・下沖洋人・東郷純一・豊國法文・角成生)

近自然河川工法(多自然型川づくり)は, 人間の利便性を地球環境や生命に配慮しながら実 現しようとする試みのひとつであり,「自然と人 との共生」を目指している.本調査の目的は,竣 工後のエコシステム(河…
Continue Reading
環境政策

040-003

川内川推込分水路における環境の現状評価 -モニタリング調査結果から- (大野幸一郎・新谷勝利・豊國法文・岩川敬樹・東郷純一・鮫島正道)

推込分水路整備事業は,平成 18 年 7 月の洪水 により川内川流域内が甚大な被害を受けたことへ の対応として,平成 18 年 10 月 4 日に河川激甚災 害対策特別緊急事業(以下,「激特事業」とい…
Continue Reading