アーカイブ: 種子植物

保護・保全

046-085

鹿児島県の外来植物 I : ヨシススキとキンチャクソウ属の 1 種サケバキンチャクソウ (新称)(田金秀一郎・丸野勝敏・中川優花里・宮本旬子)

外来植物は,侵入先の生態系を脅かす事例が 世界各地で数々報告されており,特に近年は急速 に拡大・活発化する人やモノの移動に伴って増加 傾向にある. 2010 年 10 月に名古屋で開催された生物多様性…
Continue Reading
種子植物

044-056

屋久島における外来植物の観察記録(田中優太朗・田中麻理)

屋久島の植物については,古くから多くの研究者によって調査されていて,近年では「屋久島の野生植物目録(濱田, 1992 )」において 145 科1,328 種の植物が報告されている.屋久島では多くの固有…
Continue Reading
種子植物

043-074

鹿児島県における2016 年1 月寒波の植物への影響(相場慎一郎・冨山清升・川西基博・福元しげ子・上村文・遠城道雄・築地新光子・宮本旬子・落合晋作・永榮大樹・前田芳之)

2016 年 1 月 24 日から 25 日にかけて西日本を 寒波が襲い,鹿児島県でも各地で気温が氷点下と なった.気象庁の観測では,鹿児島市(標高 4 m) で最低気温 ℃が記録された.鹿児島市の気…
Continue Reading
種子植物

037-018

カヤツリグサ科植物2 種(ウキヤガラとイセウキヤガラ) の鹿児島県本土からの記録(丸野勝敏)

日本産カヤツリグサ科ウキヤガラ属植物は,ウ キヤガラ Bolboschoenus fluviatilis (Torr.) T. Koyama subsp. Yagara (Ohwi) T. Koyam…
Continue Reading
環形動物

037-017

北限域のマングローブ林における底生生物相:亜熱帯域との比較(林真由美・山本智子)

マングローブとは熱帯・亜熱帯の河口汽水域 に生育する耐塩性植物の総称であり,それによっ て形成される林のことをマングローブ林という. 陸域から海域への移行帯(エコトーン)を形成し, それぞれの地に適応…
Continue Reading
12