アーカイブ: 軟体動物 - ページ 2

軟体動物

046-075

鹿児島県薩摩半島鹿児島湾側における陸産貝類の分布(植木拓郎・冨山清升)

鹿児島県は南北に広い南北に広い土地を有し ている.そのために多種多様な生態系がみられ, 多くの生物が生息している.その中で陸産貝類は 移動性が乏しいために,離島などでは独自の気候 に適応して進化した固…
Continue Reading
軟体動物

046-074

鹿児島湾喜入マングローブ干潟において 防災道路整備事業により破壊された愛宕川河口の巻貝類の生態回復(木村玄太朗・冨山清升)

干潟は河川が運んだ土砂が河口付近や湾奥な どの海底に堆積し,干潮の際に海面上へ姿を現し たものであり,水質浄化や生物多様性の保全など 重要な役割をもった環境である.日本の干潟は, 全国で過去 60 年…
Continue Reading
軟体動物

046-073

殻の内部成長線解析に基づく 桜島袴腰大正溶岩の潮間帯におけるイシダタミの生活史(奥奈緒美・冨山清升・橋野智子)

イシダタミ Monodonta labio confuse は,日本に おいては北海道以南に分布している転石海岸の潮 間帯に多く生息する海産巻貝である.本種の生活 史や生態に関する研究例は多いが,本種…
Continue Reading
軟体動物

046-068

鹿児島県喜入干潟おけるヘナタリの内部成長線解析に基づく生活史(平田浩志郎・冨山清升)

軟体動物の多くは,身を守るために貝殻を形 成する.硬い殻の中に身を隠すことによって,環 境の変化や外敵からの捕食から逃れることができ る.さらに貝殻は体を支える機能も担っている. 殻の形成には,外套膜…
Continue Reading
軟体動物

046-067

ヒメカノコの交尾行動と殻サイズ分布の季節性変化(北迫大和・冨山清升)

鹿児島県喜入町の愛宕川河口の干潟には,メ ヒルギ,ハマボウからなるマングローブ林が広 がっており,干潟表面にはアマオブネガイ科に属 するヒメカノコ(Clithon oualaniensis)が生息し …
Continue Reading
軟体動物

046-064

鹿児島県桜島袴腰海岸おけるカヤノミカニモリの生活史(吉本 健・冨山清升)

鹿児島県鹿児島市の桜島袴腰海岸は,1914 年 の大正噴火で噴出した溶岩で形成された岩礁性の 転石海岸である.袴腰海岸には複数の肉食貝類が 生息しており,カヤノミカニモリ(Clypeomorus bi…
Continue Reading