アーカイブ: 軟体動物

軟体動物

鹿児島県桜島袴腰海岸におけるゴマフニナの生活史 — 精子と卵子の形成季節と性比の検討 —(山角公彦・冨山清升・吉本健)

ゴマフニナ Planaxis sulcatus (Born, 1778) は,盤足目ゴマフニナ科に属する巻貝で,房総半島以南,インド,西太平洋域に分布し,潮間帯下部の岩礁上に生息している.本種の生態に…
Continue Reading
軟体動物

鹿児島県桜島袴腰海岸におけるアラレタマキビの サイズ頻度分布の季節変動(岩重佑樹・冨山清升・川野勇気)

アラレタマキビ Nodilittorina radiata (Souleyet in Eydoux & Souleyet, 1852) はタマキビ科 Littorinidaeに属する雌雄異体の巻貝であ…
Continue Reading
軟体動物

鹿児島県桜島袴腰海岸における クジャクガイ Septifer bilocularis (Linnaeus, 1758) の生活史調査 — 殻の外部生長線解析に基づく年齢推定 —(前園浩矩・冨山清升)

クジャクガイ Septifer bilocularis (Linnaeus, 1758)はイガイ目イガイ科の二枚貝で,房総半島・能登半島以南,熱帯インド・西太平洋の潮間帯から水深 10m までの岩礁に…
Continue Reading
軟体動物

鹿児島県喜入のマングローブ林干潟における フトヘナタリ Cerithidea rhizophorarum の木登り行動(谷口明子・冨山清升・大滝陽美・鈴鹿達二郎・福留早紀)

フトヘナタリ Cerithidea rhizophorarum は,東北地方以南,西太平洋各地に分布するフトヘナタリ科に属する雌雄異体の巻貝であり,アシ原やマングローブ林の干潟泥上に生息している.鹿児…
Continue Reading
軟体動物

桜島袴腰の転石海岸におけるイシダタミガイ (Monodonta labio confusa) の生態学的研究 —ω 指数を用いた共存する複数種の巻貝類の種間関係の分析 — (橋野智子・冨山清升)

鹿児島県の桜島には溶岩によって形成された転石海岸があり,その潮間帯には数 m の岩から数cm の小石まで様々な大きさの転石が存在する.そして,転石層の厚さも下層の砂が見える程度から数 10cm の深さ…
Continue Reading
軟体動物

フトヘナタリ Cerithidea rhizophorarum の生態学的研究 — マングローブ林周辺におけるサイズ頻度分布の季節変化 —(井上康介・冨山清升・中島貴幸・片野田裕亮・安永洋子)

フトヘナタリ Cerithidea rhizophorarum (A. Adams, 1855) は,東北地方以南,西太平洋各地に分布するフトヘナタリ科に属する雌雄異体の巻貝であり,アシ原やマングロー…
Continue Reading