アーカイブ: 動物

甲殻類

046-072

A giant mottled eel, Anguilla marmorata Quoy and Gaimard, 1824 (Anguilliformes: Anguillidae), from a small urban river in Shizuoka Prefecture, central Japan (Kazuya Nagasawa, Takuya Sato and Kohei Sasagawa)

A giant mottled eel, Anguilla marmorata Quoy and Gaimard, 1824, was collected in a small river in an…
Continue Reading
魚類

046-071

鹿児島湾初記録のミミズハゼ属 3 種 (キマイラミミズハゼ ・ ヤリミミズハゼ ・ ナガミミズハゼ)(是枝伶旺・山下龍之丞・古𣘺龍星・斉藤洪成・本村浩之)

ハゼ科ミミズハゼ属 Luciogobius Gill, 1859 は, 体が前後方向に著しく延長し,それに伴い脊椎骨 数が多いこと,体が無鱗であること,および第 1 背鰭とその担鰭骨を欠くことなどの形…
Continue Reading
魚類

046-070

長崎県対馬から得られた日本における 2 個体目の アジ科魚類ヨコヅナマルコバン(伊藤柚貴)

アジ科魚類のヨコヅナマルコバン Trachinotus anak Ogilby, 1909 は,長いあいだ,台湾とオース トラリア,ニューカレドニアからのみ知られてい たが,2018 年 11 月 2…
Continue Reading
魚類

046-069

九州初記録のムラサキヌタウナギおよび 鹿児島湾から得られたヌタウナギ属の未同定個体(中川龍一・伊東正英・本村浩之)

ヌタウナギ科ヌタウナギ属 Eptatretus は世界か ら 50 有効種が知られており(Fricke et al., 2020), 日本国内からはこのうち 5 種が知られている (McMillan …
Continue Reading
軟体動物

046-068

鹿児島県喜入干潟おけるヘナタリの内部成長線解析に基づく生活史(平田浩志郎・冨山清升)

軟体動物の多くは,身を守るために貝殻を形 成する.硬い殻の中に身を隠すことによって,環 境の変化や外敵からの捕食から逃れることができ る.さらに貝殻は体を支える機能も担っている. 殻の形成には,外套膜…
Continue Reading
軟体動物

046-067

ヒメカノコの交尾行動と殻サイズ分布の季節性変化(北迫大和・冨山清升)

鹿児島県喜入町の愛宕川河口の干潟には,メ ヒルギ,ハマボウからなるマングローブ林が広 がっており,干潟表面にはアマオブネガイ科に属 するヒメカノコ(Clithon oualaniensis)が生息し …
Continue Reading