- ページ 2

魚類

044-046

鹿児島県本土と大隅諸島から初めて記録された ヒメジ科魚類ヨスジヒメジ(萬代あゆみ・伊東正英・高山真由美・本村浩之)

ヒメジ科ヒメジ属 Upeneus は,背鰭棘数が 7–8であること,鋤骨と口蓋骨に絨毛状歯をもつこと,第 2 背鰭と臀鰭の基底部に小鱗をもつこと,吻長が眼後長より短いかほぼ等しいこと,および尾鰭に斜線…
Continue Reading
魚類

044-044

種子島近海から得られたシマガツオ科魚類リュウグウノヒメの記録(畑晴陵・高山真由美・本村浩之)

シマガツオ科魚類 Bramidae は日本近海から 6属 10 種が知られ(波戸岡・甲斐, 2013; Hibino et al., 2014 ),そのうちツルギエチオピア Taractes rube…
Continue Reading
魚類

043-030

種子島から得られた薩南諸島初記録のシャムイトヨリ(畑晴陵・高山真由美・本村浩之)

シャムイトヨリNemipterus peronii (Valenciennes, 1830) は,スズキ目イトヨリダイ科イトヨリダイ 属に属する沿岸性魚類で,インド洋北部から西太 平洋に分布する(藍澤…
Continue Reading
魚類

043-029

種子島から得られたイサキ科魚類ヒゲダイ(畑晴陵・高山真由美・本村浩之)

イサキ科ヒゲダイ属 Hapalogenys は,下顎の先 端が多数の細かい肉質皮弁に被われること,およ び背鰭起部前方に前向棘を有することなどで特徴 付 け ら れ る(McKay, 2001; Iw…
Continue Reading
魚類

043-022

トカラ列島中之島から得られた琉球列島初記録のハタ科サクラダイ(吉田朋弘・高山真由美・本村浩之)

サクラダイ属 Sacura は背鰭が 10 棘 14–18 軟条, 臀鰭が 3 棘 7 軟条,胸鰭 16–18 軟条,標準体長に 対する体高の割合が 41–50% であること,第 1 鰓 弓下枝の鰓耙…
Continue Reading
魚類

043-008

種子島から得られたニシン科ヤマトミズン属魚類2 種: ヤマトミズンとホシヤマトミズンの記録(畑晴陵・高山真由美・本村浩之)

ニ シ ン 目 ニ シ ン 科 ヤ マ ト ミ ズ ン 属 魚 類 Amblygaster は,第 2 上主上顎骨の下半分が肥大 せず,上下対称であること,臀鰭最後の 2 軟条が 伸長すること,背鰭前…
Continue Reading