軟体動物

046-073

殻の内部成長線解析に基づく 桜島袴腰大正溶岩の潮間帯におけるイシダタミの生活史(奥奈緒美・冨山清升・橋野智子)

イシダタミ Monodonta labio confuse は,日本に おいては北海道以南に分布している転石海岸の潮 間帯に多く生息する海産巻貝である.本種の生活 史や生態に関する研究例は多いが,本種…
Continue Reading
軟体動物

045-024

桜島袴腰の転石海岸におけるイシダタミガイ (Monodonta labio confusa) の生態学的研究 —ω 指数を用いた共存する複数種の巻貝類の種間関係の分析 — (橋野智子・冨山清升)

鹿児島県の桜島には溶岩によって形成された転石海岸があり,その潮間帯には数 m の岩から数cm の小石まで様々な大きさの転石が存在する.そして,転石層の厚さも下層の砂が見える程度から数 10cm の深さ…
Continue Reading
軟体動物

039-027

鹿児島湾におけるイシダタミガイ Monodonta labio confusa Tapprone-Canefri, 1874 の生活史および 殻の内部成長線分析に基づく年齢推定(橋野智子・冨山清升)

Monodonta labio confusa belonging to the Trochidae is a tidal snail, is distributed along the west c…
Continue Reading