魚類

鹿児島県薩摩半島南岸から得られた ミナミサルハゼとカマヒレマツゲハゼの記録 (ハゼ科 : サルハゼ属) および両種の生息環境に関する新知見(古𣘺龍星・是枝伶旺・赤池貴大・本村浩之)

ハゼ科ゴビオネルス亜科サルハゼ属 Oxyurich- thys Bleeker, 1857 は先端が二叉した幅広い第 3 神 経棘をもつ,頭部の前眼肩甲管に開孔 A’,B,C, D(S),F,H’ が…
Continue Reading
魚類

九州沿岸, 種子島, および沖永良部島から 初めて記録されたチブルネッタイフサカサゴ(古𣘺龍星・本村浩之)

フ サ カ サ ゴ 科 ネ ッ タ イ フ サ カ サ ゴ 属 Para- scorpaena Bleeker, 1876 はインド・太平洋に広く 分布する底生性魚類であり,涙骨後方棘が前下方 を向く…
Continue Reading
魚類

薩摩半島西岸から得られた北限記録のオオフエフキ(和田英敏・伊東正英・本村浩之)

フエフキダイ科は美味であることから刺網,追 い込み網,延縄,および一本釣りなどの漁法で盛 んに漁獲され,食用とされる水産上重要分類群で ある(佐藤,1984).本科魚類は 5 属 44 有効種が 認 …
Continue Reading
魚類

鹿児島県薩摩半島西岸から得られた 九州沿岸初記録のタカマユウツボ(荒木萌里・日比野友亮・本村浩之)

ウツボ科タカマユウツボ属 Anarchias Jordan and Starks, 1906 は,背鰭と臀鰭が尾端部に限られる, 眼上管の開口部が後鼻孔と隣接するなどの形質に よって特徴づけられ(Bö…
Continue Reading
魚類

大隅半島東岸の内之浦湾から得られた キビレヒイラギ (スズキ目 : ヒイラギ科)(畑晴陵・本村浩之)

ヒイラギ科魚類 Leiognathidae は筒状に突出す る口をもつことが特徴で(Woodland et al., 2001), 日本近海から 15 種が知られている(瀬能,2013; Miki e…
Continue Reading
魚類

鹿児島県薩摩半島西岸から得られた 九州初記録のハゼ亜目魚類 8 種(藤原恭司・鈴木寿之・本村浩之)

ハゼ亜目魚類はツバサハゼ科,ドンコ科,カ ワアナゴ科,ヤナギハゼ科,ハゼ科,スナハゼ科, オオメワラスボ科,クロユリハゼ科,およびシラ スウオ科の 9 科を含み(明仁ほか,2013),主に 小型魚類で…
Continue Reading