地質

043-075

南九州地熱水中のヒ素,アンチモンおよび水銀濃度の化学的研究(坂元隼雄)

近年,地熱エネルギーの開発に伴い地熱水(熱 水,温泉水など)中に含まれる各種成分が環境問 題との関連において注目されている.ヒ素,アン チモンおよび水銀などもその中に入る.それらの 濃度,存在形態,分…
Continue Reading
地質

042-072

鹿児島県新湯温泉の化学的研究(坂元隼雄)

鹿児島県霧島市(旧姶良郡)牧園町にある「新 湯温泉」は,川床から噴出する噴気ガスによって 地下水などが温められた天然(自然)温泉を利用 する小規模温泉であった.この温泉は噴気ガス中 に含まれる硫化水素…
Continue Reading
地質

041-043

薩摩硫黄島温泉の化学成分の研究(坂元隼雄)

硫黄島(薩摩硫黄島)は鹿児島県大島郡三島村 に所属し,薩南諸島北部に位置する島である.鬼 界カルデラの一部でその大きさは東西 km × 南北 km の火山島である.同島は俊寛僧侶流 刑の伝説地として知…
Continue Reading
地質

040-030

桜島火山灰中の重金属元素 (銅,亜鉛,カドミウムおよび鉛)濃度(坂元隼雄)

火山活動によって環境に放出される火山噴出物 は,それぞれの火山において,その質,量が異な ることが知られている.一般に火山活動は,短期 間に終息するので自然災害として取り扱われる ケースが多い.しかし…
Continue Reading
地質

039-031

桜島火山灰の水溶性成分変化と火山活動(坂元隼雄)

鹿児島のシンボル桜島は,海上景観の美しさに 加え噴煙を上げる光景は観光客には喜ばれてい る.しかし,桜島をはじめ,その周囲に居住する 人や農業・観光業などを営む人々には,桜島火山 南岳火口から放出され…
Continue Reading
地質

037-014

桜島火山灰の水銀濃度変化と火山活動(坂元隼雄)

127 はじめに 鹿児島湾にそそり立つ桜島は,海上景観のす ばらしさと天高く噴煙を上げる光景は観光客には 喜ばれている.しかし,桜島をはじめ,その周囲 に居住する者や農業・観光業などを営む者には, 桜…
Continue Reading