魚類

薩摩半島西岸から得られた北限記録のセイタカヒイラギ(畑晴陵・伊東正英・岩坪洸樹・本村浩之)

セイタカヒイラギ Leiognathus equulus (Forsskål, 1775) は,インド・西太平洋に広く分布するヒイラギ科魚類の 1 種である(Woodland, 2001;瀬能,201…
Continue Reading
魚類

薩摩半島西岸から得られた分布北限記録のシラヌイハタ(中村潤平・伊東正英・本村浩之)

シラヌイハタ Epinephelus bontoides (Bleeker, 1855)は,西太平洋の熱帯・亜熱帯域に散在的に分布する標準体長 50 cm に達する中型ハタ科魚類であり,本科魚類におい…
Continue Reading
魚類

九州沿岸と種子島から初めて記録された フエフキダイ科魚類キツネフエフキ(畑晴陵・伊東正英・鏑木紘一・本村浩之)

キツネフエフキ Lethrinus olivaceus Valenciennes, 1830 は体長 80 cm ,全長 1 m に達する大型のフエフキダイ科フエフキダイ属魚類である( Carpent…
Continue Reading
魚類

鹿児島県本土と大隅諸島から初めて記録された ヒメジ科魚類ヨスジヒメジ(萬代あゆみ・伊東正英・高山真由美・本村浩之)

ヒメジ科ヒメジ属 Upeneus は,背鰭棘数が 7–8であること,鋤骨と口蓋骨に絨毛状歯をもつこと,第 2 背鰭と臀鰭の基底部に小鱗をもつこと,吻長が眼後長より短いかほぼ等しいこと,および尾鰭に斜線…
Continue Reading
魚類

薩摩半島から得られた鹿児島県初記録のクロタチカマス科魚類フウライカマス(畑晴陵・伊東正英・本村浩之)

スズキ目クロタチカマス科のフウライカマスNealotus tripes Johnson, 1865 は世界中の暖海に広く分布する.一般的に体長 15 cm 程度,最大でも25 cm の小型種であり,ハ…
Continue Reading
魚類

鹿児島県から得られたイサキ科魚類ヒレグロコショウダイの記録(畑晴陵・伊東正英・本村浩之)

イサキ科コショウダイ属 Plectorhinchus は,背鰭棘を 11 本以上そなえ,背鰭軟条数が 14–22 であること,側線上方横列鱗数が 10–17 であることなどによって特徴づけられる( M…
Continue Reading
12