環形動物

046-086

鹿児島湾で発見された小型ツバサゴカイ科環形動物の記録(三浦知之)

鹿児島湾は,陸域に囲まれた峡湾で,水深は 一部が 200 m を超え,また,湾奥部にはタギリと して知られる火山活動に関連する独特の生物相に も特徴付けられている.湾奥内陸の霧島山系から, 湾外に広が…
Continue Reading
甲殻類

041-036

加計呂麻島の海岸湿地に生息する甲殻類と貝類の記録(三浦知之・三浦要)

奄美群島を含む南西諸島では,奄美・琉球地 域の世界自然遺産登録に向けた活動が国や県ばか りでなく,地域住民にまで広がりつつある(鹿児 島県,2014a).その中で,奄美群島では,道路網 の整備など奄美…
Continue Reading
棘皮動物

040-016

鹿児島湾のニッポンウミシダ上に棲息するウミシダヤドリエビに 超寄生するエビヤドリムシ類の記録(三浦知之)

宮崎県の沿岸域を中心に甲殻類に寄生するエ ビヤドリムシ上科等脚類を調査しているが(三浦 ほか,2014),かつて鹿児島湾で採集した甲殻類 からも日本未記録のエビヤドリムシ類を見いだし たので,報告する…
Continue Reading
甲殻類

038-008

奄美大島住用川河口域に生息する甲殻類と貝類の記録(三浦知之)

鹿児島県の奄美大島は,陸域・海洋を問わず, 南西諸島の中でも有数の生物多様性を誇る自然環 境を備えている.とりわけ,奄美大島固有のオオ トラツグミ,ルリカケスなどの鳥類やアマミノク ロウサギ,アマミト…
Continue Reading
棘皮動物

038-005

鹿児島県に生息するウミシダ類と共生生物群集の記録(三浦知之)

棘皮動物のウミシダ類は,Kogo (1998, 2002) 等 の分類研究によって,日本近海から約 150 種が確 認され,色彩の変化に富み,海中でも目立つため, 水中写真の被写体としてダイバーにも人…
Continue Reading