保護・保全

046-083

ウミガメ類の卵捕食対策の検討 (その 2 : 対策資材の検討)(稲留陽尉・有元光久)

鹿児島県は日本一のウミガメ類の上陸・産卵 地となっており,特にアカウミガメは毎年数千頭 が上陸・産卵している(鹿児島県,2018).昭和 63 年には「鹿児島県ウミガメ保護条例」が制定 され,各種の保…
Continue Reading
保護・保全

046-082

ウミガメ類の卵捕食対策の検討 (その 1 : 産卵巣の保護)(稲留陽尉・興克樹・郷歩美)

鹿児島県は日本一のウミガメ類の上陸・産卵 地となっており,特にアカウミガメは毎年数千頭 が上陸・産卵している(鹿児島県,2018).昭和 63 年には「鹿児島県ウミガメ保護条例」が制定 され,各種の保…
Continue Reading
鳥類

044-039

トカラ列島臥蛇島の鳥類相(稲留陽尉・外園九十九・宮﨑泰子・江嵜正裕・鹿児島県環境林務部自然保護課)

トカラ列島は,鹿児島県の屋久島と奄美大島の間に位置し,有人島 7 島,無人島 5 島からなる島々にて構成されている.これらの島々は,日本本土と奄美大島,沖縄,東南アジア地域を行き来する鳥類にとって,季…
Continue Reading
地質

043-075

南九州地熱水中のヒ素,アンチモンおよび水銀濃度の化学的研究(坂元隼雄)

近年,地熱エネルギーの開発に伴い地熱水(熱 水,温泉水など)中に含まれる各種成分が環境問 題との関連において注目されている.ヒ素,アン チモンおよび水銀などもその中に入る.それらの 濃度,存在形態,分…
Continue Reading
地質

042-072

鹿児島県新湯温泉の化学的研究(坂元隼雄)

鹿児島県霧島市(旧姶良郡)牧園町にある「新 湯温泉」は,川床から噴出する噴気ガスによって 地下水などが温められた天然(自然)温泉を利用 する小規模温泉であった.この温泉は噴気ガス中 に含まれる硫化水素…
Continue Reading
甲殻類

042-062

ヒメアシハラガニモドキ Neosarmatium indicum (A. Milne-Edwards, 1868) の奄美大島における初記録(鈴木廣志・米沢俊彦)

奄美大島における甲殻十脚類に関する研究は, 1963 年の上田による淡水産エビ類に関する研究 に始まり,その後汽水 ― 陸水域の甲殻類相(諸 喜田,1975, 1979, 1989;武田,1989a;…
Continue Reading