魚類

チカメタカサゴの日本における成魚 3 個体目の記録(和田英敏・本村浩之)

フエダイ科セダカタカサゴ属 Pinjalo は,背鰭基底が部分的に鱗に覆われる,鋤骨に歯帯をもつ,第 1 鰓弓の下枝鰓耙数が 20 以下,背鰭が 11–12棘かつ 13–15 軟条,目の中心がほぼ体軸…
Continue Reading
魚類

屋久島初記録のトビウオ科魚類アカトビ(萬代あゆみ・小西祐伸・田中啓介・本村浩之)

トビウオ科ハマトビウオ属 Cypselurus は,側線に胸部分枝がないこと,胸鰭先端が臀鰭後端に達するか越えること,腹鰭先端が臀鰭起部を越えること,臀鰭起部が背鰭第 3 軟条の下方またはそれより後方…
Continue Reading
魚類

奄美大島から得られたリュウグウノツカイ(畑晴陵・藤井琢磨・本村浩之)

リュウグウノツカイ Regalecus russellii (Cuvier, 1816) は体長 m 以上に成長する,アカマンボウ目リュウグウノツカイ科リュウグウノツカイ属の 1 種である.リュウグウ…
Continue Reading
魚類

鹿児島県沖永良部島から得られた北限記録のヒラウミタケハゼ および本種の生態学的新知見(和田英敏・萩原清司・本村浩之)

ハゼ科ウミショウブハゼ属は,世界で 17 種が有 効 と さ れ て お り(Larson, 1990; Greenfield and Randall, 2004; Fricke et al., 20…
Continue Reading