- ページ 2

軟体動物

045-059

住用マングローブ林におけるアマオブネガイ科貝類の分布(木下そら・遠藤雅大・野村淳一朗・ 山村英雄・川瀬誉博・山本智子)

アマオブネガイ科貝類は,軟体動物門腹足綱アマオブネガイ目に分類され,日本では8 属50種が報告されている.環境省のRDB 評価では,アマオブネガイ科貝類の18 種が絶滅危惧Ⅱ 類や準絶滅危惧に指定され…
Continue Reading
甲殻類

045-046

鹿児島県薩摩半島におけるオニヌマエビおよび Australatya obscura (十脚目 : ヌマエビ科) の出現と分布(讃岐斉・讃岐綾南・讃岐真理子・大富潤)

鹿児島県薩摩半島をほぼ網羅するかたちで 13河川を選定し,オニヌマエビ属と Australatya 属の出現と分布を 2016 年に調べた.その結果,半島南西部の久志川でのみオニヌマエビ Atyops…
Continue Reading
魚類

045-043

宮崎県大淀川水系から得られた オヤニラミ属魚類コウライオヤニラミ(日比野友亮・田口智也・岩田一夫・古𣘺龍星)

オヤニラミ属 Coreoperca Herzenstein, 1896 は東アジアのみに局所的に分布し,全 4 種が知られている(Cao and Liang, 2013).このうち,我が国には オ ヤ…
Continue Reading
甲殻類

044-041

住用マングローブ林における底生生物の分布(川瀬誉博・藤井椋子・古川拓海・山口涼・山本智子)

マングローブは熱帯・亜熱帯の河口汽水域に生育する耐塩性植物の総称であり,それによって形成される林のことをマングローブ林という.陸域から海域への移行帯(エコトーン)を形成し,それぞれの地に適応した特徴的…
Continue Reading
甲殻類

044-029

奄美大島嘉徳川における陸水産甲殻十脚類の生息状況と下流域の利用(鈴木廣志・豊福真也・岡野智和・岡野和夏)

The monthly survey was conducted at the lower reaches of River Katoku in Amami-Ohshima Island to cla…
Continue Reading