魚類

鹿児島県薩摩半島南岸から得られた ミナミサルハゼとカマヒレマツゲハゼの記録 (ハゼ科 : サルハゼ属) および両種の生息環境に関する新知見(古𣘺龍星・是枝伶旺・赤池貴大・本村浩之)

ハゼ科ゴビオネルス亜科サルハゼ属 Oxyurich- thys Bleeker, 1857 は先端が二叉した幅広い第 3 神 経棘をもつ,頭部の前眼肩甲管に開孔 A’,B,C, D(S),F,H’ が…
Continue Reading
魚類

九州沿岸, 種子島, および沖永良部島から 初めて記録されたチブルネッタイフサカサゴ(古𣘺龍星・本村浩之)

フ サ カ サ ゴ 科 ネ ッ タ イ フ サ カ サ ゴ 属 Para- scorpaena Bleeker, 1876 はインド・太平洋に広く 分布する底生性魚類であり,涙骨後方棘が前下方 を向く…
Continue Reading
魚類

種子島から得られた琉球列島初記録のクサカリツボダイ(渋谷駿太・高山真由美・本村浩之)

カワビシャ科ツボダイ属Pentaceros は3 大洋に広く分布し,日本国内からはツボダイPentaceros japonicus Steindachner, 1883 とクサカリツボダイPentac…
Continue Reading
魚類

大隅諸島種子島から得られたアジ科の稀種アンダマンアジ(岡本情・大富潤・本村浩之)

アジ科ヨロイアジ属Carangoides は第1 鰓弓上の鰓耙数が20–31 であること,背鰭と臀鰭が糸状に伸長しないこと,背鰭と臀鰭に付随した小離鰭がないこと,腹部に溝がないこと,両顎に歯帯を備え,…
Continue Reading
軟体動物

住用マングローブ林におけるアマオブネガイ科貝類の分布(木下そら・遠藤雅大・野村淳一朗・ 山村英雄・川瀬誉博・山本智子)

アマオブネガイ科貝類は,軟体動物門腹足綱アマオブネガイ目に分類され,日本では8 属50種が報告されている.環境省のRDB 評価では,アマオブネガイ科貝類の18 種が絶滅危惧Ⅱ 類や準絶滅危惧に指定され…
Continue Reading
甲殻類

鹿児島県薩摩半島におけるオニヌマエビおよび Australatya obscura (十脚目 : ヌマエビ科) の出現と分布(讃岐斉・讃岐綾南・讃岐真理子・大富潤)

鹿児島県薩摩半島をほぼ網羅するかたちで 13河川を選定し,オニヌマエビ属と Australatya 属の出現と分布を 2016 年に調べた.その結果,半島南西部の久志川でのみオニヌマエビ Atyops…
Continue Reading
12