- ページ 2

軟体動物

045-059

住用マングローブ林におけるアマオブネガイ科貝類の分布(木下そら・遠藤雅大・野村淳一朗・ 山村英雄・川瀬誉博・山本智子)

アマオブネガイ科貝類は,軟体動物門腹足綱アマオブネガイ目に分類され,日本では8 属50種が報告されている.環境省のRDB 評価では,アマオブネガイ科貝類の18 種が絶滅危惧Ⅱ 類や準絶滅危惧に指定され…
Continue Reading
魚類

045-051

薩摩半島南端から得られた標本に基づく九州初記録のキテンハタ(上城拓也・平田堅固・本村浩之)

キテンハタ Epinephelus bleekeri (Vaillant, 1878)は,インド・西太平洋に広く分布するハタ科魚類である(Randall and Heemstra, 1991).日本国…
Continue Reading
魚類

045-045

与那国島から得られた沖縄県初記録のキオビイズハナダイ(藤原恭司・宮本圭・本村浩之)

ハタ科イズハナダイ属 Plectranthias Bleeker 1873は三大洋に分布し,一部の種を除き,深場の岩礁域に生息する小型魚類である(Randall, 1980).日本産ハタ科魚類をまとめ…
Continue Reading
両生類

045-039

鹿児島県いちき串木野市観音ヶ池の 護岸工事水抜きに伴う魚類相の現状把握(荻野星・平瑞樹・田代郷国・Sirikanya Chungthanawong・和田英敏・藤原恭司・川間公達・Emmanuel S. Delloro Jr.・荒木萌里・立川日奈子・松沼瑞樹)

鹿児島県いちき串木野市に位置する観音ヶ池は,大里川水系重信川下流の農業用水を確保するためのため池であり,食糧増産が求められていた昭和初期に,いちき串木野市内のいくつかのため池と同時期(1937 年)に…
Continue Reading
魚類

045-038

薩摩半島西岸から得られた分布北限記録のシラヌイハタ(中村潤平・伊東正英・本村浩之)

シラヌイハタ Epinephelus bontoides (Bleeker, 1855)は,西太平洋の熱帯・亜熱帯域に散在的に分布する標準体長 50 cm に達する中型ハタ科魚類であり,本科魚類におい…
Continue Reading
魚類

045-037

屋久島におけるチャイロヤッコ (キンチャクダイ科) の標本に基づく初めての記録(藤原恭司・吉田朋弘・本村浩之)

キンチャクダイ科アブラヤッコ属 Centropygeは,日本国内から 12 種が記録されている(島田,2013).2019 年 2 月 3 日に屋久島一湊の水深約 19 m から 1 個体のアブラヤッ…
Continue Reading