魚類

九州沿岸初記録のマツバギンポとフタホシニジギンポ(餅田樹・森下悟至・本村浩之)

イソギンポ科魚類(Blenniidae)は世界で約60 属390 種が知られており,そのうち30 属80 種が 日本国内から記録されている(村瀬ほか,2011; 藍澤・土居内,2013).薩摩半島西岸…
Continue Reading
魚類

平島から得られた標本に基づく トカラ列島初記録のヒゲニジギンポ(森下悟至・本村浩之)

ニジギンポ族(Nemophini)は底生生活をおこ なう種が多いイソギンポ科魚類の中で,鰾を有し 遊泳生活をおくることが知られており,世界の暖 海に5 属50 種以上が知られている( 村瀬, 2018…
Continue Reading
魚類

奄美大島から得られた奄美群島初記録のミカヅキツバメウオ(上城拓也・前川隆則・本村浩之)

ミカヅキツバメウオPlatax boersii Bleeker, 1853 は,日本からインドネシアにかけての西太平洋に 分布するマンジュウダイ科魚類である(岸本ほか, 1988; 岸本,1997;H…
Continue Reading
魚類

奄美大島から得られた琉球列島初記録の 黒褐色を呈するハモ(上城拓也・前川隆則・本村浩之)

ハモ科Muraenesocidae は紅海を含むインド洋 および西太平洋の温帯から熱帯域に広く分布し, 日本近海からは2 属4 種が知られている(波戸岡, 2013).そのうちハモMuraenesox…
Continue Reading
軟体動物

住用マングローブ林におけるアマオブネガイ科貝類の分布(木下そら・遠藤雅大・野村淳一朗・ 山村英雄・川瀬誉博・山本智子)

アマオブネガイ科貝類は,軟体動物門腹足綱アマオブネガイ目に分類され,日本では8 属50種が報告されている.環境省のRDB 評価では,アマオブネガイ科貝類の18 種が絶滅危惧Ⅱ 類や準絶滅危惧に指定され…
Continue Reading