両生類

045-040

カスミサンショウウオの環境保全措置―室内実験―(徳重恵一郎・衣笠淳・印部善弘・鮫島正道)

カスミサンショウウオ Hynobius nebulosus は愛知 県以西に生息する西日本を代表する止水性の小型サンショウウオ類であり,鹿児島県北部には本種の南限となる個体群の生息が知られており(鮫島…
Continue Reading
哺乳類

041-002

アナグマの被害に対する河川堤防の保全策(鮫島正道・宅間友則・角成生・今吉努・ 下沖洋人・東郷純一・中村麻理子)

アナグマ Meles meles は,ヨーロッパから極東 までのユーラシア北部に広く分布し,日本では, そ の 亜 種 で あ る ニ ホ ン ア ナ グ マ Meles meles anakuma …
Continue Reading
クモ類

040-034

鹿児島に生息する毒蜘蛛コマチグモ類の観察 — 身近な生きものに強い幼児教育者養成 — (鮫島正道・西涼香・前田亜梨沙・萩原朋美・井出元志織・中村麻理子)

幼児教育の専門分野に領域「環境」がある.幼 稚園教育要領ならびに保育所保育指針によれば, 子どもたちが自然に触れることの重要性につい て,三つの視点が述べられている.それらは,「① 自然環境で元気に遊…
Continue Reading
爬虫類

040-031

鹿児島の陸生ヘビ類の分布と生態(鮫島正道・中村正二・中村麻理子)

生態系の中で動物は被食者と捕食者の関係でつ ながり,食物連鎖や食物網をつくっている.ヘビ 類はその中で,二次もしくは三次消費者として重 要な位置を占めている.また環境の変化に敏感に 反応するため,その…
Continue Reading
環境政策

040-022

川内川曾木分水路の自然再生の現状 ― 河道掘削竣工後のエコシステムの回復 ― (鮫島正道・宅間友則・今吉努・徳永修二・下沖洋人・東郷純一・豊國法文・角成生)

近自然河川工法(多自然型川づくり)は, 人間の利便性を地球環境や生命に配慮しながら実 現しようとする試みのひとつであり,「自然と人 との共生」を目指している.本調査の目的は,竣 工後のエコシステム(河…
Continue Reading
環境政策

040-003

川内川推込分水路における環境の現状評価 -モニタリング調査結果から- (大野幸一郎・新谷勝利・豊國法文・岩川敬樹・東郷純一・鮫島正道)

推込分水路整備事業は,平成 18 年 7 月の洪水 により川内川流域内が甚大な被害を受けたことへ の対応として,平成 18 年 10 月 4 日に河川激甚災 害対策特別緊急事業(以下,「激特事業」とい…
Continue Reading