- ページ 2

魚類

044-022

鹿児島県から得られたカラチョウザメの形態学的 ・ 生態学的知見(畑晴陵・山田守彦・本村浩之)

チョウザメ科魚類の 1 種,カラチョウザメAcipense sinensis Gray, 1835 は体重 560 kg に達し,本科魚類の最大種として知られ,長江をおもな産卵河川とした遡河回遊魚であ…
Continue Reading
魚類

044-002

鹿児島県産クサビフグ Ranzania laevis 若魚の形態に関する若干の知見(澤井悦郎・山田守彦)

クサビフグ Ranzania laevis(Pennant, 1776)は,世界中の温帯・熱帯域に分布するマンボウ科クサビフグ属の海産魚類で,マンボウ科の中では全長1 m 以下の小型種である(波戸岡・…
Continue Reading
魚類

043-050

鹿児島県産ヤリマンボウMasturus lanceolatus 若魚の 成熟度および食性に関する若干の知見(澤井悦郎・山田守彦)

ヤリマンボウ Masturus lanceolatus(Liénard, 1840) は,日本国内の幅広い地域から出現が確認されて いるが,本種の出現自体は稀であるため,生態的 知見は非常に乏しい(波…
Continue Reading
魚類

043-049

鹿児島県産ヤリマンボウMasturus lanceolatus 若魚の外部形態(澤井悦郎・山田守彦)

ヤ リ マ ン ボ ウ Masturus lanceolatus(Liénard, 1840)は,マンボウ科ヤリマンボウ属に属し,世 界中の温帯・熱帯海域に分布する大型魚類である (波戸岡・萩原,20…
Continue Reading
魚類

043-010

大隅半島東岸内之浦湾から得られたオグロエソ(畑晴陵・山田守彦・本村浩之)

エソ科アカエソ属 Synodus は腹鰭軟条数が 9, 腹鰭最後軟条長が第1軟条長の2–3倍であること, 臀鰭軟条数が 8–11,臀鰭基底長が背鰭基底長よ り も 短 い こ と, お よ び 尾 鰭…
Continue Reading