魚類

046-038

鹿児島県本土におけるヨウジウオ科魚類タツノイトコ の標本に基づく記録(荒木萌里・山田守彦・本村浩之)

ヨウジウオ科タツノイトコ属 Acentronura タツ ノイトコ亜属 Acentronura は,尾鰭をもたないこ と,尾部が渦巻き状であること,眼球に骨質の小 板がないこと,頭部が躯幹部とほぼ同一…
Continue Reading
魚類

043-005

鹿児島県坊津町野間池から得られた九州沿岸初記録のキリアナゴ(畑晴陵・西田和記・本村浩之)

アナゴ科クロアナゴ属魚類 Conger は上顎と下 顎の歯は 1–2 列であり,外側の列の歯は鋭く尖る こと,上唇には深い溝が発達すること,下顎が長 く,閉口時,前上顎骨歯が露出しないことなどに よっ…
Continue Reading
魚類

045-013

テンジクダイ科魚類 2 種の水中写真に基づく 鹿児島県薩摩半島からの記録 (吉田朋弘・山田守彦・本村浩之)

テンジクダイ科魚類 Apogonidae は,日本から26 属 102 種 が 報 告 さ れ て い る(Yoshida and Motomura, 2018; 馬 渕・ 吉 田,2018;Yosh…
Continue Reading
魚類

044-022

鹿児島県から得られたカラチョウザメの形態学的 ・ 生態学的知見(畑晴陵・山田守彦・本村浩之)

チョウザメ科魚類の 1 種,カラチョウザメAcipense sinensis Gray, 1835 は体重 560 kg に達し,本科魚類の最大種として知られ,長江をおもな産卵河川とした遡河回遊魚であ…
Continue Reading
魚類

044-002

鹿児島県産クサビフグ Ranzania laevis 若魚の形態に関する若干の知見(澤井悦郎・山田守彦)

クサビフグ Ranzania laevis(Pennant, 1776)は,世界中の温帯・熱帯域に分布するマンボウ科クサビフグ属の海産魚類で,マンボウ科の中では全長1 m 以下の小型種である(波戸岡・…
Continue Reading