ミ ナ ミ コ メ ツ キ ガ ニ(Mictyris guinotae Davie, Shih & Chan, 2010)は,ミナミコメツキガニ科に 属するカニで,底質中に含まれる有機物を摂食す る堆積物食者である(山口,1976).本種はマン グローブ林の発達した砂質干潟や砂質海岸に生息 し,しばしば優占種となることから,物質循環に おいて非常に重要な役割を果たすと考えられてい る.これまで,インドネシア,シンガポール,香 港から台湾,及び日本の種子島以南に分布する種 は,Mictyris brevidactylus Stimpson, 1858 と さ れ て いたが(山口,1976),琉球列島に生息するもの について,形態学的・遺伝子学的な違いから, Mictyris guinotae と し て 新 た に 記 載 が 行 わ れ た (Davie et al., 2010).本種の分布北限域に近い奄美 大島では,過去に山口(1976)が野外調査を行い, 石垣島の平均サイズと比較して奄美大島(赤木名) のものが小型であることを報告しており,個体群 間の変異が想定される.しかしながら,山口(1976) 以降奄美大島での知見はなく,島内における本種 の分布も明らかになっていない.一方で,種子島 では,武田(1976)がミナミコメツキガニ(Mictyris brevidactylus)の生息を確認して以降,詳細な情報 が一切ない状態である.そこで本研究は,本種の 種子島・奄美大島における地理的分布について明 らかにし,干潟間で個体群構造の比較を行うこと を目的とする. 種子島産の個体は新種記載に用いられていない が,Davie et al. (2010) は,武田(1976)の報告を もとに本種は種子島にも分布すると記載している ので,ここではすべてミナミコメツキガニ(Mictyris guinotae)として扱うことにする.

ミナミコメツキガニの分布北限域における分布と個体群特性(遠藤雅大・木下そら・山本智子)