鹿児島湾は,陸域に囲まれた峡湾で,水深は 一部が 200 m を超え,また,湾奥部にはタギリと して知られる火山活動に関連する独特の生物相に も特徴付けられている.湾奥内陸の霧島山系から, 湾外に広がる南西諸島までの臨海・島嶼自然環境 は国際的にも有望な自然遺産候補の連続体と言っ て過言ではない.一方,経済活動の進展とともに, 鹿児島湾内は埋立による土地造成や新港開発等が 活発に行われ,かつて存在した浅海環境は悪化の 一途をたどっている.本稿で紹介する生物はその ような沿岸浅海環境の悪化に逆らうように静かに 生息し続けていたツバサゴカイ科環形動物である (1999 年 11 月 14 日西日本新聞).その 1 種は明 治末に鹿児島湾の水深 32 m の砂泥底から採取さ れ た 1 個 体 を も と に,1911 年 に Chaetopterus kagosimensis と命名された(飯塚,1911).その後, 1 世紀近く,再発見されることなく,また,タイ プ標本も見つからないままであった.ところが, 1999 年に鹿児島湾の都市部近郊で再発見され, 新聞でも取り上げられた(1999 年 11 月 13 日読 売新聞等).また,環境省の進める RL 作成が 2017 年には海の無脊椎動物も含むことになり, 本種が検討対象になり,準絶滅危惧(NT)にラ ンクされることになった.ここでは,これまでの 調査の経緯を踏まえ,鹿児島湾から採集された小 型のツバサゴカイ科 2 種について,その形態分類 の難しさと生息状況の現状を他種との比較を含め て報告する. ツバサゴカイ科環形動物の分類は,横浜国大 の西栄二郎氏の一連の研究(Nishi, 2000 など)に より,国内ばかりでなく国際的にも進展し,日本 の沿岸から多くの種が報告された(西,2002). しかしながら,国内の既知種に対する取り扱いが 未だ十分ではなく,和名すら与えられていない. タイプ標本あるいはタイプ産地すら失われている 日本の海岸生物の置かれている現状は悲惨ではあ るが,一線の研究者が目を向けてくれることを 願って本稿を起こすこととした. なお,本研究に使用した標本は,鹿児島大学 総合博物館に寄贈する予定である.

鹿児島湾で発見された小型ツバサゴカイ科環形動物の記録(三浦知之)