ガリテッリア・ヴィバンス Gallitellia vivans は, 原生動物界・肉質虫門・根足虫綱・有孔虫目に属 し,有孔虫のほとんどは海洋で生活するなかで, 現生する約 40 種以上の浮遊性有孔虫の中では唯 一の三列状旋回の殻をもつ特異な形態・系統を示 す (BouDagher-Fadel, 2015). その化石としての出現は新生代第三紀鮮新世 に遡るが,現生の個体を含めて報告例は少なく, また有孔虫群集における個体の占める割合が小さ いために,分布や生態が他の浮遊性有孔虫種に比 べてあまり解明されていない. 本邦では,Kimoto et al. (2009) が 2006 年に対馬 海峡の水深 15 m から採取した生体の報告ののち, 他地域でも報告されるようになった. 本調査では,鹿児島県西部の沿岸域の潮間帯 における本種の分布を報告する.

鹿児島県西部におけるGallitellia vivans Cushman の分布(橋口昭彦)