鹿児島県志布志湾の枇榔島は志布志市の沖合い 南方約 5 km の志布志湾内に位置し,周囲 3.2 km, 頂上部海抜 83 m,面積 17.7 ha の小さな無人島で ある(31°26′N, 131°07′E: 図 1).地質は第三紀層 に属し,日南層群の堆積岩からなり小丘陵をなす が,海岸は主として礫浜である.島の東半分はヤ シ科ビロウの純林で覆われ,日南海岸国定公園に 指定されていると共に,ビロウ林をはじめとする 亜熱帯性植物群落は特別天然記念物にもなってい て,鳥類も豊富である(鹿児島県保健環境部環境 管理課,1989).しかし,本島における哺乳類の 本格的な調査は行なわれていない.今回,本島に おいてコウモリ類 2 種,キクガシラコウモリ Rhinolophus ferrumequinum とコキクガシラコウモ リ R. cornutus が拾得された.両種は志布志湾の 枇榔島での初記録となるため,ここに報告する.

鹿児島県志布志湾の枇榔島で拾得されたキクガシラコウモリ科 キクガシラコウモリ属Rhinolophus 2種の初記録(渡邊啓文・船越公威)